マツダのクルマづくり

マツダは広島県で創業した会社で、クルマ作りを続けている会社です。創業から広島県に本社を置き、現在でも広島県に本社を置いています。第二次世界大戦が起きる前から前身の会社は、広島県で自動車づくりを続けています。広島で原爆の投下があった時も広島で活動をしていたので、原爆の被害にあった会社でもあります。原爆被害は大きかったのですが、その原爆投下から1ヶ月もたたないタイミングで自動車の生産をスタートさせています。復興させる気持ちが強かったので、すぐにでも日常的な状況に戻すためにマツダは自動車の生産ラインを回復させていきました。

関東マツダはマツダの販売店としてマツダが開発する車を販売しています。関東マツダは国内でもトップクラスの販売店であり、世界的にも大きな販売店です。世界的にも大きな販売店の関東マツダは、マツダの評判をメインになります。マツダの評判が良くなければ、これだけのトップクラスの販売を実現するのは難しいです。マツダが広島県で自動車の製造をスタートさせたのは、その土地柄が影響しています。広島では古くから製鉄業が盛んであり、製鉄業が盛んな土地柄もあって自動車の製造をスタートさせた経緯があります。日本の中でも広島は製鉄業の歴史が古く、一時期は国内の半分のシェアを広島県が製鉄していた時期もありました。

また関東マツダが提供するマツダのクルマづくりのスピリットは高いものがあり、多く良い評判を受けています。マツダでは運転者が快適にドライビングできることを意識してクルマ作りをしています。ドライバーがドライビングをしていく中で快適に楽しむことを重要視しています。レンタカーなどでたまに他の自動車を乗ることがありますがフィーリングが少し違うことがあります。自動車というのはハンドリングにしてもブレーキやアクセルの踏み込みによってフィーリングが変わってきます。関東マツダが提供するマツダの車は、フィーリングが快適にドライビングできるよう設計に心がけています。

関東マツダが提供するマツダの自動車は、チャレンジ精神も高いです。国内だけでなく世界一の自動車会社をマツダでは目指しています。世界一の自動車を開発する為には、他と同じ自動車を作っていても意味がありません。世界一の自動車をつくるために、既成概念を捨ててゼロから自動車を作るチャレンジをしました。チャレンジ精神が豊富なマツダの自動車を関東マツダでは提供しています。

Updated: